ご挨拶

 皆さん、こんにちは。
 アステール法律税務総合事務所代表 アステールビジネスコンサルタンツ株式会社代表取締役 弁護士・税理士・証券アナリスト 野津孝義 です。

 島根県から包括外部監査人のご指名を頂き,県議会のご承認を経て,本年度も,島根県の行政について監査させて頂くことになりました。

 平成24年度の監査内容ですが,ざっとご紹介します。
 まず,一つ目のテーマは,島根県の外郭団体が運用する600億円の資金についてです。
 600億円の資金の内400億円が,有価証券で運用されていました。外郭団体は,投資のプロではありませんから,運用管理能力が脆弱です。それにもかかわらず,一部がハイリスク型の運用に供されていました。超長期国債,東京電力債を含む事業債,劣後債,ユーロ円建為替リンク債などです。超長期国債は,信用リスクはありませんが,長期金利が上昇すると,価格が大幅に下がります。東電債は,原発事故後,一時はジャンク債になりました。ユーロ円建仕組債は,為替オプション等を使ったデリバティブ商品です。いずれも,外郭団体が,低金利下で少しでも良い金利収入を得ようとして購入されたものですが,気持ちは分かりますが,運用に失敗すると,たいへんです。十分なリスク管理が必要ですし,それが無ければ,すべき運用ではないと思います。
 次に,残りの約200億円が銀行預金で運用されていました。島根県に所在する金融機関は限られていますから,選択肢は限られています。しかし,喉もと過ぎれば・・・でしょうか,金融危機の記憶が薄れ,ペイオフ対策等の基本的な認識・配慮が欠けている団体が多数ありました。理解が間違っている団体もありました。外郭団体のお金かもしれませんが,もともとは県民のお金です。県民のお金を預かって運用しているのですから,きちんと運用してほしいと思います。
 そこで,外郭団体が個別に行っている資金運用では,どうしても人員不足・知識不足・経験不足ですから,人材の豊富な県が資金運用を代行する方式,ないし外部の専門機関に運用を委託する方式等,「グループ資金運用」を提案させていただきました。
 また,二つ目のテーマは,指定管理についてです。
 指定管理は,県の施設を民間に運営させるもの。民活の活力利用とコスト削減を狙って導入されました。しかし,競争原理で決まっている事例は小数のようです。県立美術館は,サントリー美術館なので,全国レベルのサービスが受けられるメリットもありますが,少数派。概ね,既存の外郭団体が,継続して委託を無競争で受けています。
 そこで,手続きの外観的公正性の確保についても提案させていただきました。
 報告書は,島根県のホームページからPDFでダウンロードできます。是非,ご一読ください。用語解説もあります。深読みしていただくと,どのような議論がなされたか,どうしてこのような形の表現となったか,推測できます。面白かもです。

 県の仕事は,非常に社会的な意義もあり,全力をあげたいと思いますが,経常の業務も頑張るつもりです。
 当事務所の業務は、会社・経営者の方々を中心に,法律,会社経営・M&A,相続対策,税務,社会保険等の総合アドバイザーとして、多方面の専門家の英知を集め、プロのコンサルティング・サービスを提供することでございます。
 法律部門では,裁判で勝っても,会社にとっては,裁判になること自体が負け戦。裁判リスクを最小化し,企業の成長とガバナンスを応援します。刑事事件につきましても,組織暴力関連を中心に,会社経営のサポートの一環としてさせて頂いております。
 税務部門でも,法律・税務両面の総合的な観点から,会社,会社の経営様に喜ばれるご提案をさしあげることをモットーとしております。

 さて、このホームページには、法人のお客様だけでなく個人のお客様にもお役に立つよう、社会生活上、普通に起こる紛争や不安に対して、どのような方向感で解決すべきか、また、自分だけで解決できるのか、を解り易く事例に沿って説明していくコーナーを作っております。 
 まずは、「自分で情報を集め、対策を考えてみよう」と思われるのが人情ですが、自分だけでは解決できそうもない、または、一生の一大事で失敗すると取り返しのつかない事態になりそうだ、そう思われれば、すぐに専門家にご相談ください。病気なら、手遅れになる前にお医者に行くことが大事ですよね。
このホームページの情報は、病院へ行くかどうかの判断のための材料だと思ってください。生兵法で事態を悪化させてからの修 復は、非常に困難でかつ高価です。

 個人の方なら、法律紛争の場合、「法律扶助制度」というものが創設されました。これは、「法テラス(日本司法支援センター)」という独立行政法人が、費用を全額立て替えてくれるものです。ですから、とりあえず全然お金がなくても、大丈夫。弁護士を使って、法的措置がとれるというものです。
 お気軽にご相談ください。

 Ladies and gentlemen,
 “The Aster Office of Legal and Tax Advisors” and "Aster Business Consultants Co.Ltd." provide highly sophistcated service of legal and tax issues, including cross boarder M&A, corporate tax, labour and personnel affairs, inheritant tax, etc.
Please do not hesitate to contact us.
I understand that many go to a doctor and a few go to a lawyer, because the “threshold” of a lawyer is so high and the cost is so unpredictable. Then I hope this homepage will give you any tips to solve your disputes and happenings by yourself.
However please do not forget that you should consult professionals, such as a lawyer, an tax accountant, etc., before your disputes become so complicated and unrecoverable. A plaster would be enough for your small cut for saving your money, however a professional surgery would be necessary for your serious injury for saving your life.
And please note that “The Legal Support Center", a governmental agency, is now providing a legal aid for ones who consult lawyers, where you may pay the cost at easy installments. So please feel free to consult us, even when you are in trouble in money.
Regards,

Attorney at law, certified tax accountant, CFA,
JD at Aoyamagakuin University, MPA at Harvard University, and BA at University of Tokyo
Takayoshi Notsu

コンタクト


アステール法律税務総合事務所
  〒690‐0848
松江市苧町1番地21
電話  :0852-21-5620
FAX  :0852-25-9252
メール:matsue@aster-law.jp

営業時間:
  平日・土曜日   8:30~18:00


アステールビジネスコンサルタンツ株式会社
  〒108‐0071
東京都港区白金台4-20-9-304
FAX  :03-6822-4016
メール:tokyo@aster-law.jp